ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.10.12 Thursday

徳島にて

充実したワークショップだったんですけどね。

写真が無いのです、、、、。

 

充実しすぎて、自分で撮るの忘れていました。

 

 

最後の夕焼けでごめんなさい。

 

 

 

 

2017.10.07 Saturday

下丸子にて

半年以上取り組んできた課題が完成。

東京で暮らすために必要不可欠な移動空間「階段」の治まりを

チームワークで解決!

写真が無くてすみません。いずれ創建舎のHPで公開されます!!!

 

もう一つの見どころはこちら。

 

 

コンパクトな絵本部屋にデザインしたカウチ造作ソファ。

小窓から隣の緑が見えて、とても贅沢な居場所ができました。

空間の質は大きさ、広さが決めるのではなく、住まい手が心地よいと

感じるボリュームをきちんと決める事で決まります。

この居場所、絶妙です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.10.03 Tuesday

名護にて

10月ですが、なぜか33度。

ここは、名護。

暑い。

 

現場も、熱い!

 

 

前回に引き続き、素材を再加工して別の製品を生み出す試行錯誤の途中です。

最後まで使い切れるように、挑戦が続きます。

 

夕方からはちゃんと秋の風が吹いてきました。

 

 

 

 

 

2017.09.27 Wednesday

鹿児島にて

定例ベガハウスワークショップは今回も内容てんこもり。

次のショーホームで始めて挑戦する「造作可動式ソファ??」という

テーマに取り組んでいます。

 

ベガハウスにある工房をフルに活用して、原寸大の検証です。

 

 

原寸で考える事の良さは、単に形状の確認ができる事だけではなく、

機能性、重さ、扱い方など、身体との関わりが理解できます。

 

この日も大幅な変更を加え、良い結論が生まれました。

ショーホームでのデビューが楽しみです。

 

 

 

 

2017.09.23 Saturday

東京にて

夏と秋のちょうど真ん中。

日差しは厳しいけど、日陰は過ごしやすい。

からっと晴れた東京へお出かけ。

 

1945年以降の建築と暮らし

 

を見てきました。

「建築」といっても「家」に特化した展示会で、見応えがありました。

展示の半分は学生の頃に教材として教わった家が多くて、改めてスケールや

治まりを学ぶ事ができました。

 

 

展示会のテーマの半分である「暮らし」について言えば、近代になるにつれて

建築としての独自性と生活が綱引きをしている感じ。

「暮らし心地がいい」とは何だろうかと、考えさせられます。

 

私の目的の一つである清家清の原寸大住宅は大満足。

空間と生活と道具のバランスが好みです。

触れないのが残念ですが、丁寧に観察しました。

 

 

 

 

 

 

2017.09.21 Thursday

藤崎より

また夏が戻ってきた暑さです。

 

今週は事務所でじっくり考える日々。

 

 

伸びています。

 

 

 

 

 

 

 

2017.09.16 Saturday

函館にて

回を重ねるごとに現場との対話が充実してゆく実感があります。

 

 

新作も順調に進んでおります。

 

 

この工場は、携帯の電波が届きません。

自然のど真ん中です。

いい空気で、快適です。

 

 

2017.09.12 Tuesday

藤崎より

スリラ〜〜〜〜(笑)

 

 

 

 

2017.09.10 Sunday

大川にて

収納というカテゴリーは業界で大苦戦。

建築造作との差別化。

安いプラボックスとの闘い。

そもそも置き家具としての箱は必要か??などなど。

 

それでも、技の継承や文化を残すために開発は大事です。

 

今回の新作。

良い手応えです。

作り手が楽しそうです。

10月の大川展にて先行お披露目して、11月のMEETS! FURNITUREにて

正式発表予定です。

 

畑の収穫も近い!!

 

 

 

 

 

 

2017.09.08 Friday

徳島にて

秋月木工との取り組みが新しい展開を始めます。

7月に完成したカタログのタイトル「AKI+」をブランド名として、製品の幅を広げて

ゆくことになります。

 

造作で培った対応力を既製品開発に活かすための新しい開発も始まりました。

 

 

改めて工場を見回すと、普通の木工所では見かけない面白いパーツも発見。

もちろん、これも使いますよ!!

 

 

11月のライフスタイル展で新作は間に合いませんが、7月大川展示会でお披露目した

シリーズはすべて展示予定です。

 

 

 

Powered by
30days Album